ビジネスコーチングの目的

ビジネスコーチングの目的 

ビジネスで、コーチングを使って業績を上げる。

最近、大手企業でコーチングを取り入れているところが増えているようです。
でも、本当の意味でのコーチングが取り入れられているでしょうか?

大手には優秀な人材がそろっているからできるんだ、と 諦めれいませんか?
大丈夫です。
コーチングは経験スキルです。
自転車に誰もが乗れるように、だれでも練習さすればできるようになります。

大企業、中小をとはず、業務の中でのコーチングには、個人の利害関係が絡んで来ることも多く、
コーチではなく、コンサルタント的に自分の思う通りに誘導したり、指導したりしがちです。
これでは、自ら考えることができるように成長できません。

『コーチングとは、コミュニケーションを通じて相手の能力を最大限に引き出し、成長を促すスキル』
です。

そして、コーチングが機能するには、上司と部下の間に信頼関係必要です。

では、上司と部下の信頼関係とは、何でしょうか?

私が、感じているのは、リスペクトしあえる関係性があるか?
ということではないかということです。
苦手だと思っている部下や、上司についてでもです。

リスペクトできることは、仕事の専門性、だけではありません。
人間性もあれば、リーダーシップ、共感力、巻き込み力、知識、経験・・・
いろいろなところで、認め合えるところがあるはずです。

長所や短所、強みや弱み、ひとはそれぞれ個性を持っています。
ですから、よいところを認めて、仕事の上にコーチングのスキルを活かして、成果を上げることが、ビジネスコーチングの目的です。

 

あなたの仕事をするうえでの目的は何ですか?
会社にお金をもらいに来ている、楽してお金がもらえれば、とか、
自分のやりたいことをやってればいいから、コーチングなんて面倒なことやりたくない。
そもそも目的なんてない。

そんな部下の方もいるでしょう。
その中で仕事の成果を上げるあなたは、どんな人でしょうか?

いろいろなことをやって頑張っている!
でも、うまくいかないことが多い

 

では、いったん何をやるかはおいといで
どんな自分になりたいのか考えてみましょう

 

そして、その理想の自分になるために
仕事の中で成果を上げる一つのツールとして、
上手にコーチングのスキルを使いことが、ビジネスコーチングの目的です。

部下と一緒に、自らも成長して、結果を出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です