夏休みの法則

今年は、夏休みが少なくなった学校も多いと聞いています。

私の小学校の時を思い返すと、8月の終わりは泣きながら夏休みの宿題をやっていました
あの頃は、塾も周りになくて、真っ黒になって遊んでましたねぇ

 

追い込まれないとなかなか仕事に集中できない
これを、パーキンソンの法則と言います。

 

時間だけでなく、お金についても同じです

ギリギリのところまで待って、ようやく重い腰を上げる。
その時は、実は家内やばい状態です。

「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」 

「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」

難しく書くとこうですが、
ようは、夏休みの法則です。

 

こては、決められた期限までに行う事が、気乗りしない
そんな状態の時に生じます。

いつでも出来そうなことを扱っている時にも、起こります。

優先順位についていえば、
重要だけど、急がないもの

この状態の時に起こりやすいかな

どうしたら、防ぐ事が出来るか?

コツコツ進める習慣をつける。
時間に余裕がある時には、重要だけど急がないものに手を付ける

そして、仕事が好きになる
宿題が好きになる

そんな方法をとると期限が来る前に終了!
気持ち良い時間を迎えられます

そうするには、ゴールをイメージする。
このことを行うと、うまく行く可能性が高くなります。

ゴールのイメージとは、
期限間際まで行動できずにいて、困っている自分
期限前に終了して楽しんでいる自分

後者は、いやですよね

 

さあ、気持ちよく考動するために
イメージを大切に、行動しましょう!

まずはイメージ
そして

小さなことをコツコツと
BY 西川きよし

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です