行動をブレイクダウン

夏の甲子園が中止になりましたね
その他のスポーツも
全国大会は中止になっています

どんな言葉をかけたらいいのかと

この苦境の中で行なっていること
そのことが、
これからの人生に役に立ちます

この行き場のない理不尽さを

今を信じて
自分を信じて
乗り越えてほしいです

今年は後 228日   です。

********************

行動分析学というのがあります

行動を変えるには
どうすれば良いのか

行動の前後に
好子と嫌子 が
行動に影響を与えるというものです

その中で
行動を細かくブレイクダウンする
という方法があります

細かく分解することにより
行動の何が問題なのかを
具体的にします

具体的な問題行動を
修正してゆくわけです

 

たとえば
あさの散歩の時間が取れない

朝起きてから
出勤するまでの時間を分解します

たとえば

目覚ましが鳴る
ふと んから出る
着替える
洗面する
散歩に行く
朝ご飯を作る
朝ごはんを食べる
着替える
出勤する

この中で何が問題だろう

時間を記録して考えます

 

布団から出れないなぁ
とか、

朝ご飯を作るのに時間がかかってるなぁ
とか

そもそも、目覚ましが鳴る時間が
遅いよね
とか

問題がわかれば
解決方法が考えれます

布団から出られない
だとすると

目覚ましの音をかえる
目覚ましの位置を変える
目覚めてすぐ飲める水を用意する
目覚めたら窓を開けて気持ち良い風を受ける

まだまだあなたに合った方法があると思います。

で、何分縮まる?
散歩の時間を、何分増やせる?

時間をうまく使うには
自分の行動を知ることが大切

障害は何なのか?
どうしたらうまく時間を使えるのか?

まずは、行動を書き出してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です