画一性でチーム力アップ

チームで効率を上げるためには?

世の中多様性の時代と言われています。
ですが、
多様性を文字通り進めようとすると
とても時間がかかります。

チームで目標をもって活動する時
個性を活かして、メンバーそれぞれに
対応することは
継続的な成果を上げるには
大変大切なことです。

ただし
個別に対応するという事は
時間がかかります。

たとえば
私がマネージャーをしている時
1ヶ月に1回の個人面談を行っていました。
15名ほどの部下でしたが

1日がかりでした。

これも必要ですが

この時に、何を聴くのか?

会社からの仕事の内容や
それは、標準化して
日々の会話の中で確認しているからです。

チームの目標については、
画一化というか
標準化を行い
ルーチンワークで会話する。

これを繰り返すことによって
仕事の質が上がって行きます。

同じことを繰り返すことですね。
考えない分だけ
効率が上がります

また、
月に1度の面談では、
責任、役割の確認など
個性に合わせたヒアリングを行います。

画一化と多様性を
うまく組み合わせて

チームの時間を効率的に使う。
チーム力を上げる。

あなたの職場でも
標準化できる会話はありまセンカ?

:::::::::::::::

私の師匠の一人の飯山先生のセミナーを
ご紹介します。

高校野球や、バレー、オリンピックの選手の
メンタルコーチ

企業での先週などで活躍されています。
ご参加ください

参加をお待ちしています

https://www.kokuchpro.com/event/58d0464f62587c876358e917078e2ddd/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です