「類は友を呼ぶ」

コーチングの仲間から
最近よく言われることがあります。

GCSのコミュニティは、明るくて前向きになれるからいい

コーチングがその力を持っているから
と思っていたのですが
そうでも無いようです

確かにコーチングはポジティブな面にフォーカスします。
が、
コーチ自身が、クライアントの目標にとらわれすぎたり
コーチングだけにフォーカスすると、
違和感を感じるのかもしれません

 

同じ価値観を持っている同士が引き合って集まる
ので、居心地がよいのでしょう。

GCSだけではなく
スポーツコーチングの指導者のコミュニティ
倫理法人会のコミュニティなど

私の周りのコミュニティは
それぞれの仲間の「引き寄せの法則」で
自分の願いや思いと似たものごとが自然と引き寄せられ、
結果的にできている
そんな感じです

自分の願いや思いが
明るい、前向き、チャレンジ、など
共通している価値観なので
参加したくなるのだと感じてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です