スポーツ指導者の資格更新

富山県体育協会様に、情報交換に行ってきました。

コロナ過の中で11月に予定していた指導者研修が中止になったようです。

というのも、会場の富山大学でコロナが開催日の3日前に発生。
急きょ取りやめになったそうです。

今回、来年の9月までの資格更新については免除になったので、資格更新という点では問題ないのですが、指導者向けの資格更新がなぜ行われているのかを考えると残念です。

今年のの3月、9月、来年の3月、9月、と、2年間資格更新研修が免除となっています。

私たちの協会では、資格免除に限らず、研修を行わせていただいています。

コロナ過で、スポーツ自体が縮小してゆく中で、質の高いコミュニケーション力は、指導者の皆さん、選手の皆さんにとって必要となってきていると感じています。

コミュニケーションは、量も質も大切ですが、質を高めることによりカバーできる面もあります。

少ないコミュニケ0ションや、テレワークなどで人バーバールのコミュニケーションができない中、質を上げるのは大切です。
ちょっとしたうなずき、表情、声のトーンや調子、相手の言わんとしていることを効く力、など
ちょっとしたことが、コミュニケーションの質を高めます。

話はそれますが、体育協会の担当の方が同窓だとわかり、アメリカンフットボールの話など、大変楽しく話すことができました。共通の話題を持っていると近親感を持ちますが、笑顔や、ハイトーンで話をすると、いろいろな話が繋がります。
アメフトの篠竹監督の講義を受けたとか、水泳の古橋 廣之進の講義を受けたとか、うらやましい話が満載でした。

スポーツのつながりは、だれとでも話が繋がり、本当に良い経験をさせていただいていると感じています。

コロナ過に負けずに、資格更新が免除であっても受講して下さる皆さんに質の高い研修を提供したいと、強く感じました。

1月10日 富山県民主センター サン・フォルテ で 13:20 より スポーツコミュニケーションBASIC1研修を行います。 席に余裕があります。 ご参加をお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です