フィードバック のスキル

銀座コーチングスクールでは、コーチングを5つのスキルに分けています。
認める
聴く
質問する
フィードバック
リクエスト
の5つです

フィードバックのスキルは、「クライアントの気づきを促す」こと、コーチングを行う為に大切なスキルです。

人は、自分の姿をそのまま伝えられると、気付いていないものを手に入れることがあります。

人は自分自身のことは見えません

自分を俯瞰して、成功を手に入れた人たちもいます

例えば、サッカーん―中村俊輔選手
自分がプレーをしている時、観客席から見てる自分の姿が見えていると言っています。

柔道の谷亮子選手、試合をしている時に、自分の視線、試合相手の視線、審判の視線、3っの目で見えていたといいます。

歌舞伎役者は、自分の市電だけではなく、外から、油夫の伸ばし方、足の動きなどが見えていると言います

ではあなたはどうですか?

私を含めて、自分が何をどうしているのか?俯瞰してみている人はほとんどいません。

コーチは、フィードバックのスキルを使って、鏡に映し出すように、見えている姿をクライアントに返します。

このスキルはとても難易度が高いスキルです。
なぜなら、感じ散る力が必要だからです。

 

フィードバックの順序は簡単です

1.許可を取る
2.Iメッセージで、5感で感じた事を伝える
3.フィードバックの効果を確認する

です。

1.許可を取る
相手に、私はあなたのことで感じた事を伝えますよー
と許可を取ります。
許可を申請されたあなたは、どう反応しますか?

伝えなくていいです、と言ってもかまいません。
いらない状況もあります。その時はそれでフィードバックはおしまいです。

伝えてください と許可をします。
つまり、ドアをトントン 入れてください 入ってください と扉を開けるわけです。聴く準備をしてもらいます。

2.Iメッセージで、5感で感じた事を伝える
私にはこんなふうに見えます、こんなふうに聞こえます。こんなふうに感じます。 というふうに5感で感じた事を返します。
自分が受けた感情をそのまま返します。(Iメッセージで返します)

3.フィードバックの効果を確認する
フィードバックをもらってどう感じたかを確認します

この順番で鏡のようにクライアントの感じた事を返します。

クライアントは、今まで見えていなかった自分の姿を鏡に映し出され、気付きをえます。気づきを得る可能性が高くなります。

 

これがフィードバックの順番です。

 

簡単な手順ですが、そこには、コーチのクライアントについての感じるスキルと、コーチ路クライアントの信頼関係が出来ていないと使えないスキルです。

 

感受性を豊かに、自己基盤を築き、コーチングマインドしっかり持って、信頼関係をベースに、フィードバックのスキルを使ってください。

 

フィードバックのスキルは、銀座コーチングスクールのスタンダードクラスAで学ぶ事が出来ます。
気になり方は、こちらから

コーチング 福井 – 銀座コーチングスクール (ginza-coach.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です