ラポール

人と人とが、信頼関係を作るには?

コーチングが機能するのは、話し手と聞き手の信頼関係が必要です。

ではなぜ必要なのかというと、その動機付けで説明しやすいのが、マズローの5段回欲求です。
生存の欲求 の次に来るのが、安全・安心 の欲求です

安全・安心 の反対は、不安、恐怖です

安全・安心 の時、いろんなことに挑戦しやすくないですか?
反対の、不安、恐怖 の時には、失敗したくないので、行動を起こしにくくないでしょうか?
つまり、不安・恐怖の時には、現状維持です

安全安心があると、話をするようになります。
逆に、不安恐怖だと話さなくなります。

これは、スポーツでもビジネスでも同じです。

そして、不安と恐怖で進めていくと
スポーツもビジネスも嫌いになります。

しまいには、やめてしまうかもしれません。

 

では、どういったときに 人は安心と安全を感じるか?

笑顔、話を聞いてもらえる、自分の意見を聞き入れてくれた時
ほめられたとき、同じ○○、一緒に(食事など)、言葉が同じ(敬語を使わない)、
立場が同じ、共に、表情、同じ服、場所(ホーム&アウェイ:慣れている場所)、ポジション
違和感がない、

 

安全・安心で話せる環境や雰囲気を作ることが、話しやすいに繋がりますね。

話しやすい、状況 → 信頼感が持てる を作って、コーチングを行うと、コーチングが機能します。
この状況を。ラポール関係を築くという風に言います。

ラポールとは、相手との懸け橋です。

安心安全で、信頼関係を作りましょう

そのことが、問題解決や、目標達成により早くより高く進むみちです、

何でも話せる関係で、コーチングを行いたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です