信のチカラ

今朝は、小矢部市倫理法人会で、銀座コーチングスクール福井校の飯山校長の講話がありました。

飯山校長にサインをお願いすると書いていただく言葉が
自分を信じる力
です。

講話の中にも、星陵高校野球部 9回裏の逆転劇の裏に
球児たちが、最後まで自分を信じていたことを話されていました。
そして、球児たちは監督を信じ、監督は球児たちを信じていたから勝てた。

コーチングでは、コーチはクライアントが答えを必ず持っていると信じます。
そして、100%クライアントの味方であり応援者です。
星陵高校の監督はまさにコーチングを行っていたのだと思います。

そして、自分を信じる力が 大切です。

何事をなすにも、自分を信じて進まなければ達成はありません

コーチングの体験講座の中で、あなたは、自分に自信がありますか?
という質問を行います。
ほとんどの方が、ありません、と答えます。

その時点で、目標の質、レベルが下がってしまいます。
目標を達成するためのスタート地点が下がってしまうんですね。
自分を信じることにより
今の自分は、ここまでできているんだと現在地が明確になります。
そこから、目標を見上げると、目標が高くなるわけです。

自分の信じる力を手に入れると、前に進めるようになります。
不安がなくなるからです。

信じる力が手に入れば、とても強力な力になります。

最初に就職した会社の総務部部長の方が、新人研修でいっていました。
会社に入って何のために働くのか?
最初は、会社を信じ、会社のために働く
次に、上司の為、人を信じ、人のために働く
最後に、自分の為、自分を信じて働く。
会社勤めが終わったいまは、よくわかります。

最終的には、自分を信じて、自分の為に働くことが、
より質の高く、楽しく働くことができると感じてます

自分の力を信じ、少しずつでも行動を起こし目標に向かって進める。
そんな生き方が出来ればよいと、講話を聴きながら考えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です