明朗→愛和→喜働 素直になれる

昨日は、金沢市中央倫理法人会で”経営者の集い”のお手伝いをしてきました。

金沢港クルーズターミナルはいいですね
ライトアップされていて、そこにお月様がもぼってきました。
月は雲に見え隠れしながら上ってくるのです
名月や北国日和定めなき
北陸では、今日は月は見えても明日はみられるかどうかわからない
しんとした金沢港のほとりに立って、そんなことを考えていました。

今回、京都府倫理法人会 山下太郎 相談役のお話でしたが
とても分かりやすく、万人幸福の栞のお話をしてくださいました。
万人幸福の栞とは、倫理の教科書のようなものです。

その中でも心に残ったのが

明朗→愛和ー喜働  素直になれる

順番を間違えないようにこの言葉をくる返すと
素直になれる

何も考えずの明るく朗らかに、
何も考えずに周りとつながり
何も考えずに楽しく働く

すると素直な自分になれる
自分に素直になれる

私にはそんな風に感じました

素直に、あるがままに生きられると
楽なんだろうな
なんて感じました。

私の研修では、リーダーの朝の挨拶についてお伝えしています。

その日1日の仕事の効率は、リーダーの朝の5秒にかかっています。

リーダーが、朝扉を開けて入ってきます
元気な声で、トーンは上げ気味で大き目の声で
松村さん、おはよう⤴ 高川さん、おはよう⤴ 小林さん、おはよう⤴
って言います。
元気が出ませんか?

逆に、リーダーが入ってきます
ちょっと暗い感じで小さな声で
おはよう⤵、おはよう⤵、おはよう⤵ はぁ⤵
昨日飲みすぎたんでしょうか?
どうでしょうか?

実は、私が会社員だった時、最後の3年目に、朝はどこを見るとなく
あいさつもせずに部屋に入ってきていたことがあります。

ちょうど、研修講師の勉強を始めたころです。
先生の鞄持ちで、大手の企業研修に行ったときに、この話を見ました。
受講者の皆さんが真剣に聞いているんです

でほんとかなぁ って思ったんです。

じゃあやってみるかと、次の日から大きな声で、部屋の扉を開けるようにしました。
すると、朝一番から、仕事が進むんです。
最初は、周りは変な目で どうしたんだ という感じで見ていましたが
だんだん、答えてくれるようになりました。

仕事の効率が上がると楽しくなります。
電話の応対も元気に話せるので、交渉もスムーズにいっているような気がしました。

もともと何も考えないほうでしたが、仕事が楽しくなると素直に交渉できるようになり、相手との信頼関係もよくなったいるように感じました。

朝のたった5秒間。元気な挨拶をするだけで、仕事の効率が変わる。

これからも、続けてゆきたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です