聴く のスキル

銀座コーチングスクールでは、コーチングを5つのスキルに分けています。
認める
聴く
質問する
フィードバック
リクエスト
の5つです

聴くのスキルは、相手に接触的に話してもらうために大切なスキルです。
目的は「相手に気持ちよくたくさん話してもらう」ことです。

 

 

国際コーチング連盟のプロコーチの能力水準の中に
C.Communicating Effectively 効果的なコミュニケーション
6.Listens Actively 積極的傾聴
というのがあります

以前、どんなふうに聞くのか、紹介させてもらいました
https://panproceed.com/きく スキル/
https://panproceed.com/ノンバーバルの会話/ ‎

聴くというのは、簡単なように見えて、結構 訓練が入ります

聴く方法は、言葉で聴く と 言葉以外で聴く の2つの方法があります。
言葉で聴くことを 「バーバル・コミュニケーション」
言葉以外で聴くことを 「ノンバーバル・コミュニケーション」
といいます。

コーチは、この2つのきき方を、5感を使って聴きます。
このことを、傾聴といいます。

ただ、傾聴だけでは相手の中にあるものを聞き取れません。

そこで、聞くための 10個のポイントを使って、聞き手上手、話しやすい環境を作って、「相手に気持ちよくたくさん話してもらう」のです

聞き上手になるための10個のポイント

ここで大切なことは、正常な人 なら良いのですが、心に問題を抱えている人には、聴いててあげること、傾聴することが大切です。
カウンセラーの方とコーチとの違いは、 Listens Actively 積極的に話してもらうところにあります。

14の心で聴く とか 10の目と心で聴く とは、聴くの感じになぞらえて、お話させていただいています。
この 聴く でけではなく 効く 効果的に話してもらえるように聞けるといいですね

周囲の人から 聴き上手 と言われてみませんか?
聴くスキルを手に入れることができれば、相手との信頼関係も強くなります。
あなたの 仕事でも、家庭でも、コミュニティでも、目標達成や問題解決のお役に立てれるでしょう

具体的な方法や練習は、銀座コーチングスクール スタンダードクラスAで 勉強できます

https://www.ginza-coach.com/school/area03/fukui.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です