自分の仕事・会社の仕事

仕事で時間を管理するには

仕事にの時間の使い方で大切なのは
個人と会社の 仕事の目標と結果です。

仕事だけではないかもしれません
 

目標というのはこの場合
どれだけ自分の仕事をしたか
という事

結果というのは
実際に会社の目標
という事です

 

たとえば、私の場合
機械設計をしていました。

製品のコストダウンを行うとします

 

コストダウンするために
どれだけ部品点数を減らせるか
どれだけ共通部品を使えるか
どれだけ必要機能で安価な部品に交換できるか
等の目標を立てます

 
その部品の数を目標とします

たとえば
1000点の部品点数を800点に減らす
とか
ここで個人の目標の結果として、コスト20%削減 を目標とします
会社の目標20%コストダウンです

どんな結果が出てくるでしょうか

①自分の目標は、750点数に削減 
 目標未達
 会社の目標は、25%のコストダウン
 目標達成

 

②自分の目標は、850点数に削減
 目標達成
 会社の目標は、25%のコストダウン
 目標達成

 

③自分の目標は、750点数に削減
 目標未達
 会社の目標は、15%のコストダウン
 目標未達

 

④自分の目標は、750点数に削減
 目標未達
 会社の目標は、25%のコストダウン
 目標達成

会社でいえば
決算時に評価される
生産金額の増減
収益の増減
みたいなものです

個人の目標は、最後まで待つわけにはいきません
1ヵ月単位ぐらいにチェックしましょう

 

①の場合は会社の設定がそぐわない
他の仕事が出来るので、自分時間に使いましょう

③の場合は、注意が必要です
頑張りが足りないか
仕事の要領が悪い
時間の掛け方がおかしい
もう一度考えてみましょう

④の場合は、根本的におかしい
アプローチの仕方、
時間の掛け方を疑いましょう

 

期末には、結果が必要です
どのように時間を使ってゆくのか
仕事を始める前に計画を立てましょう

 

②の結果が出るように
時間の使い方を考えましょう
チェックのタイミングも
仕事に合わせて考えてみてください。

 

いろいろな方法 時間の使い方が見つかります

 

期末に良い結果が出ることを楽しみに仕事が出来るといいですね

行動が進まない方

今年こそ 自分時間を習慣化したい方は
こちらからご相談ください
info@panproceed.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です