質問する のスキル

銀座コーチングスクールでは、コーチングを5つのスキルに分けています。
認める
聴く
質問する
フィードバック
リクエスト
の5つです

「質問する」スキルの目的は、「認める」「聴く」の延長として、「クライアントの中にあるものを引き出す」ことです。

コーチがよく使うのは、オープンクエスションです
はい または いいえ が答えにならない質問です。

なぜオープンクエスションを使うのかというと、答えがいくつもあって、考える質問だからです。
答えに広がりがあり、いっぱい答えがあるからです。
この質問をれると、相手はいっぱい考えます。

そう、コーチが使うオープンクエスションは、おおむねクライアントのための質問です
コーチ自身が、情報を集めるための質問ではありません

そして、5W1Hを使って 課題を広げたり絞ったりします

WHAT、WHY、HOW、は、答えを広げる質問です
WHEN、WHERE、WHO,は答えを絞り込む質問です

この違いを使い分けながら、セッションを行います。
質問によって、クライアントの課題を
広げて、絞って、掘り下げる
を繰り返します。

クライアントの中のものをクライアントに気づいてもらいます。

 

質問するのスキルは、相手の話の視点を変えるため大切なスキルでもあります。

人は質問されると、どんな質問にも答えようとします。

また、質問されたときに答えが出なくても、無意識の中にある答えを探し続けます
なんだか急に思いついたという経験はありませんか?
脳は、考え続けているんです。

 

質問され続けて、答え続けていると、だんだん頭の中が整理されます。

整理されてくると、「これだ!」 と気づきが起こるのです。

そして、気づきが起こるとその気づきに基づいて、自発的行動が生まれるのです。

コーチは、高質な 質問 を行います。
ですから、より早く、より高い、目標達成や問題解決が得られるのです。

高質な質問とは?
クライアントの価値観やニーズ、信念や信条に触れる質問だったり
クライアントの視点、視界、視座などが変わる質問だったりします。

具体的な質問や質問の方法、タイミングなどを知りたい方は、
銀座コーチングスクール スタンダードクラスA でご紹介しています。

部下の行動が、お子さんの行動が、ご自身の変わる質問をななんでみませんか?

コーチングの体験講座のお申し込みはこちらから

コーチング 福井 – 銀座コーチングスクール (ginza-coach.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です