「福井 酒蔵ある記 2」

福井での、コーチングスクールでの帰りに、丸岡の久保田酒造さんによってきました。

北陸自動車道 女形谷サービスエリアの近くです。

銘柄は、「富久駒」です。
お勧めは 「鬼作左」のようですが、私は、何処の酒蔵でも 上撰 を買うようにしています。
安い というのもありますが、昔からその土地で飲まれているという事です。
飲み続けられているのは、その訳が何かしらあるのと、水、お米、作り方、が地元のものであることが多いからです。

今回、訪ねてみると、工場の中に広い売店がありました。

いろいろなお酒が並べてあり、社長さんのお酒に対する愛情が感じられました。

売店に入っても誰もいないので、こんにちは! と叫んでいると、奥から出てきたのは社長さんです。

こちらの 上撰 下さい。
と言うと、1升瓶 ? と聞いて、工場の奥まで取りに行かれました。
意外と上撰ってお店に並べてないんですよね。
なので、なおさらワクワクします。

せっかくなので、コーチングの聴くのスキルを使ってみました。

このお酒は、辛口ですか?
機械で測ると辛口だけれど、実際は旨味があって辛いとは感じないよ
というお話しから始まり、
どんな料理に合うんですか? という質問には、
あっさりした料理に合うよ と答えてくれました。
最近の家内の料理は手を抜いて揚げ物ばっかり という愚痴もでて、
たくさん楽しそうに話してくださいました。

聴いてる私も楽しくなります。

家に帰って飲んでみると、すっきりした飲み心地の良いお酒でした。

今度は、鬼作左 を買って帰ろうと思っています。

社長さん、お話し ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です