ズーニン初動4分の法則

 

この法則は人間のモチベーションは動き出せば自然と湧きあがってくる、
特に初動の4分を乗り越えればよいという法則です。

『最初の4分間がうまくいけば、後もうまくいく!うまくいくどうかは最初の4分間で決まるのだ!だからとにかく最初の4分間だけは頑張ってみよう!』

と、いうものです。

私の属している倫理法人会では、朝起きという実があります。
早起きするというのではではなく目を覚ますとすぐに起きるということです。とにかく起きる。2度寝などしない。
すると、そこから行動がスムーズに生まれます。

私は習慣化ではベビーステップといいますが、まさにこれがそれす。
目が覚めたらすぐ行動です。

目標が出来たら、いいと思えば4分以内にすぐに実行です。

逆に、悪い癖を直したいと思えば、4分以内に悪い癖を起こさない環境を作りましょう。

4分間で行えなければ、気持ちが萎えてしまいます。

例えば、目覚ましを4分間で手の届かないとところにおいておけば、すぐに王行動を起こし、起きられるようになります。

あなたの行動の中にも、4分間のルールをつくるでよいでよいでよいでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

成長すること

次の記事