カーボンニュートラル

最近ニュースで、カーボン ニュートラルというワードをよく聞く。

カーボン ニュートラルって何?
と思ってる人もいると思う。

ググってみると以下の文章が出てきます。

2020年10月26日、第203回臨時国会の所信表明演説において、菅義偉内閣総理大臣は「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする(※)、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことを宣言しました。

温室効果ガス という言葉ですが、だいぶ前によく言われていました。
その時は、オゾン層の破壊 という事で、紫外線量が多くなる。
その原因の フロンを削減
車のエアコンや冷蔵庫に使われているフロンの回収がメディアで流れていました。
今はどうしてるんだろう・・・・?

その時に、CO2の排出量も話題になり
カーボンオフセット という言葉もよく目にしました。

これは、CO2を排出した分をお金を出して買い取る というものでした。

そのころに、会社のCO2排出について 仕事をさせて頂きました。

この時に思ったのは、CO2排出については、3つの視点だ考えることが必要という事です。

1つ目は、材料や購入品の購入する以前の排出量がどれくらいなのか?
2つ目は、自社が、生産する時に出している排出量はどれくらいなのか?
3つ目は、生産した製品が、どれくらいCO2を排出するか?

という点です。

3番目に目が行きそうですが、製造責任という点から見れば、1番目、2番目、の項目が大切です。

ある程度資料がそろえば、全体的な排出量も計算できるので、
目標を立てて、ビフォーアフターで評価するのも良いと感じてます。

必要と感じている方は、ご相談ください。

カーボンフットプリント というキーワードで探してみる方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です